FC2ブログ

独学ナンパ日記

180日目 雨想いの六月 22歳フリーター即

昨日はホームヘ。

これからメインで使おうと思っているあるパターンの声のかけ方(俺のオリジナルではない)の練習を開始しこれまでのナンパを脱却したいという意気込みを持って乗り込んだ。

到着し人の流れを確認すると早めの時間ではあるが人は既になかなか多かった。
まだ得意の定点にスカウトもおらず自由に出来そうな状況で一安心。

とりあえず最初の1人にいかに早く声をかけられるかでその日の流れが決まるのでさっさと1人目の声かけを終わらせたい一心だった。


そして開始5分程で最初の1人に声をかけることが出来た。
黒っぽい服装の女の子。
ただしいつもの十八番のパターンでの声かけ。
とりあえず笑い反応を引き出すことは出来た。
友達と待ち合わせだというので粘らずに離脱。

十八番のパターンを使ってもたまたまその子のツボにはまったり運が良かったりすれば連れ出しは可能である。
というよりも俺の今までの連れ出しは全てこの十八番パターンを使ってのものだ。
しかしほぼ全てに共通するのは女の子がちょうど暇をしていたり、予定までに時間があるケースである。
これは当たり前と言えば当たり前の話であり、これから先延ばし出来ない予定が入っているのにも関わらず女の子が連れ出しに応じるなどということは普通は起こり得ない。
これから友達と会うという予定を遅らせてまでもこの人に付いて行ってみたいと思わせるのは至難の技であるに決まっている。
基本的にナンパは無数の通行人の中から暇をしている女の子を探し当て連れ出すゲームであるということ。
だから暇な女の子を探し当てるためにはある程度の声かけ数が必要であるということだ。
とにかく連れ出したいのであれば予定のある女の子に対しては無理に粘ろうとして疲弊するよりも暇で退屈していたり、次の予定まで時間を持て余している子を見つけ出すために数を打つことに力を注ぐべきである。
そしてガンシカされたら粘らずに切りかえて次へ行く。
女の子の予定を変えさせたりガンシカ崩しをするのは「出撃すれば連れ出しはほぼ確実に出来る」といったレベルになってから挑戦すればいいこと。
もちろん嘘を言っている場合もあるわけで、平行トークを続けているうちに「さっきのは嘘で暇してる」という言葉が出てきて連れ出したことだってあるので一概には言えないが、本当に予定がある女の子もたくさんいるのでそこを無理にしつこく粘って嫌な思いをさせてしまうのは良いことではない。
要するにあれこれ考えている暇があったらとにかく声をかけまくって連れ出しに応じてくれる女の子を探せということだ。

だからこの最初の女の子の場合はこれでいい。
ただしどんな声のかけ方をするかといったこと以前に、早口で捲し立てるような話し方、何を言っているのかよくわからないと言われる話し方、おどおどしているのが伝わってしまう話し方といったところを直さないと話にならない。
女の子に話しかけていていかに自分がキモい話し方をしているかがよく分かる。
会話を途切れさせないことだけに意識が向いてしまい次から次へと言葉を続けてしまう。
現場で実践をして堂々とした自信を付けるだけではなくて現場にいる時間以外で頭の中でもシミュレーションをしたり、台詞を声を出してみたりする練習をすることだ。


長くなったが話を戻そう。

とりあえず最初の声かけをすぐに出来たので今日はある程度の数をこなせるそうだと判断。
最初の一時間は30人を目標にだだ声をかけさえすればOKという意識でやることにした。
予定変更。
別パターンの声かけはまたの機会にやればいい。
ガンシカされたら即離脱。
反応があっても無駄に粘る必要なし。

そのような作戦のもと結果的に1時間で32声かけを達成。
なかなかのペースと言えよう。
ガンシカが半数以上で、多少反応がある子でも粘らずにすぐ離脱した。

26声かけ目のこれから彼氏と待ち合わせという女の子はちょっと長めの平行トークが出来た。
眼鏡をかけた童顔の女の子で社会人のようだが高校生くらいに見えた。
十八番のパターンを使い悪くない反応は取れたが彼氏と待ち合わせということで自分から離脱。
ちなみに俺は処女の子や彼氏がいない女の子は好きだが、それと同じくらい彼氏持ちの女の子も好きで彼氏持ちの女の子を口説き落としていく過程を想像すると気持ちが昂ってくる。
彼氏持ちなのに俺のナンパに付いてくるという状況がたまらない。


1時間活動した後は小休止を挟んで再開。


先程に続いて定点付近で活動。

すると他のナンパ野郎が出現。
たぶん例のアレ系の奴だろう。

2人ほどそいつが声をかけた後のハイエナをしてみたがやはりナンパだった。
つまんねえ声かけしてんじゃねえぞ。


しばらくそのままここで続けたが次の場所へ移動。

するとこちら側の定点でまた例のおっさんを発見。
まじで何者なんだよ。

またおっさんハイエナをしようと思ったがそれより普通の声かけが優先。
おっさんの近くを離れて通りを行ったり来たりして声かけを続ける。

ガンシカされたりなんなりしながらターゲットを探していると、ジャケット姿のサーファー風の男が女に声をかけているのを発見。
悔しいが俺より確実にかっこいい。

正体を探るためにすかさずハイエナを画策。 そいつが断られていた女の子を追いかけて声をかけてみると何かのアンケートだったらしい。
その子にお礼を言って再びそいつがいる場所に戻るとよく見かける●●●のキャッチの男と一緒にいた。
あの一味の奴だったか。
それが分かれば充分。
奴らに感づかれないように上手く回遊しながらやればいい。


次に目に入ったのはどこかでみたことがあるような気がする明らかに変な格好の男が複数のグループの女に絡んで話し込んでいるのを発見。
その場では分からなかったが後で調べてみたらなんだが有名な人らしかった。
ちなみにナンパ師ではない。
この人と絡んでいた女の子2人組にこの人をネタに逆3ハイエナをしようかと一瞬考えたが諦めた。
逆3の練習をすれば一気にナンパのスキルが上がるのは確実なので今後できる限りの早く挑戦するつもりだ。
●●●●で名の通っているナンパ師でも逆3をガンガンこなせるナンパ師なんてほとんどいないだろう。
来月にでも逆3縛りの日を作るので読者の方は楽しみにしていて欲しい。


そして開始約2時間半が過ぎた頃、52声かけ目でついに1人の女の子がヒットする。

十八番のパターンで声をかけると最初から反応がいい。
そのまま話を続けて行き、いつものように逃げ腰で自分から離脱しそうになるもなんとか踏み留まり連れ出し打診をするとすんなりとOK。

22歳のフリーター。

平行トークで女の子からそこそこの話を引き出し、カフェに連れ出した後はさらに身の上の話を引き出していく。


先に結論を書いておこう。

その後ホテルに入り即を達成することが出来た。

この詳細についてはまた後日どこかで書く機会があれば書くことにする。

なぜ今ここで書かないかと言うとこの記事を書いている今非常に眠く昨日の記事は今日書き上げてしまいたいからということと、ここでさらっと書き上げてしまうだけでは勿体ないほどに単純に即を達成出来たというだけではない俺にとって意味のある出来事だったからだ。


彼女と出会ったことで俺はここから先、正しい方向へと成長することが出来るはずだ。


ナンパの一番の醍醐味は今さっき出会ったばかりの女の子の人生という物語に触れることが出来ること。

路上で偶然に出会った女の子達に、


「あなたと出会えて良かった」


そんな言葉を貰えるような男になれるように、俺はまだ見ぬ明日へと進んでいく。



約8時間
52声かけ 1連れ出し1即

累計2986声かけ
スポンサーサイト



Last Modified : 2020-06-28

* Category : ナンパ

* Comment : (0) |

コメント







管理者にだけ表示を許可